北青会の公式サイトにようこそ

本会は千葉県北部に在籍する日蓮宗の若手僧侶から成り、日蓮大聖人の理想を実現することを目的として昭和43年に発足致しました。

現代において日蓮宗の青年僧侶は何ができるのか、何をすべきかを日々考え、若さと行動力を活かし様々な活動を展開しております。

 


平成30年 少年少女修養道場のご案内

平成30年7月23・24日

夏休み少年少女修養道場を開催致します。

 

本年のお申込みは6月からになります。



平成29年 歳末募金

平成29年11月21日、紅葉で彩られた本土寺の境内は、多くの参拝者で賑わっていました。

本土寺は「あじさい寺」という通称でも有名な、松戸市平賀にある日蓮宗本山です。

本年度は、こちらで募金活動を行いました。

 

募金の趣旨は「交通遺児援護のための募金」で、交通遺児とは、交通事故によって親を亡くされた児童の事です。

両親を亡くされた場合はもとより、その多くは父親を亡くされています。

交通事故の中でも、もっとも多い、道路交通事故。実際のところ、加害者による補償では補えず、生活保護を受けている母子家庭もあります。

今日、十分な公的施策が調わず、民間の救済運動に依存しているのが現状です。

 

この募金活動は、我々、千葉県北部青年会に何か出来ることはないか?との想いから、平成5年以来24年に渡り継続されてきた大切な活動です。

今回は、日蓮宗新聞社のキャラクター「こぞうくん」をはじめとする、マスコットたち(市川本光寺:ぽっくん、浦安正福寺:お猿のしょうちゃん、東京東部青年会:れんちゃん)と、募金のご協力をお願いしました。

 

「寒い中ご苦労様です。頑張って下さい」という言葉とともに、募金をして下さる方、可愛らしいマスコットと一緒に手を合わせてくれる小さな子。

 

多数の方から協力を得て、募金合計は109,882円となりました。

集められた募金は全額、千葉県社会福祉協議会に委託させていただきました。

こちらは、交通遺児援護基金となり、「勉学奨励金」や「激励金」として、子供たちの元へ届けられます。

 

募金にご協力いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます



平成28年 歳末募金

平成28年12月13日、日蓮宗大本山中山法華経寺境内・JR下総中山駅前ロータリーをお借りし、歳末助け合い運動の一環として、「交通遺児援護基金の募金活動」を行いました。

 

冬空の下、玄題旗(南無妙法蓮華経と書かれた旗)を掲げ、募金の呼びかけをすると、「寒い中ご苦労様です」と温かい言葉と共に募金をして下さる方もいました。多数の方からご協力を得て、募金合計は7万6千50円となりました。集められた募金は全額、千葉県社会福祉協議会を通じて交通遺児援護基金(御見舞金や勉学奨励金)となり子供たちの元へ届けられます。

 

募金にご協力頂きました皆さまには、心より御礼申し上げます。



平成28年熊本地震による被害にあわれた皆さまへ

この度発生した熊本地震によって被災されましたすべての方々に、心からお見舞い申し上げます。

また、尊いいのちをなくされました方々のご冥福をお祈りするとともに、深い悲しみにあるご家族や関係者の皆さまに衷心よりお悔やみ申し上げます。

被災者の皆さまには、一日も早く穏やかなる心と生活が訪れますことをお祈り申し上げます。

 

私たちは、この被害の支援に取り組むべく、平成28年5月3日、日蓮宗大本山正中山法華経寺参道及び境内、京成中山駅前、JR下総中山駅前にて、募金活動を行いました。

また、GW期間中は法華経寺祖師堂に募金箱を設置し、集まった金額は合計21万8127円となりました。

 

義援金は全額、「日本赤十字社」に寄付させて頂きました。

 

募金にご協力頂きました皆さまには、心より御礼申し上げます。


北青会の会長とゆかいな仲間のブログ 


会員の高鹿泰明です。早いものでもう2週間で今年も終わりですね。今年の流行語だったり、今年の漢字だったりがもう発表された頃でしょうか?個人的な今年の漢字は「変」かなあと思います。公的には本山にお手伝いに行く機会が増え、様々な法要に出仕せていただき、勉強になりました。私的には10年近くぶりにパソコンを買い換え文明の進化に驚愕し、高校生の頃から大好きだったアーティストを初めて見に行く事ができ、涙が止まらないオジサンになったり、他にも沢山の刺激を貰いました。この青年会もラストイヤーでありました。他の会員
>> 続きを読む

感謝の心で幸せに
こんにちは青年会員の和田孝真です。今年は暖冬とも言われ、日中は暖かい日もありますが、朝晩の冷え込みは厳しくなってきました。皆さま、いかがお過ごしでしょうか?私は日々の生活習慣にランニングを取り入れています。寒い日でもホッカイロを握りしめ走りに出掛けるのですが、時々周りの人からはなぜそんなに一生懸命に走るのかと不思議に思われることもあります。しかし、走らなかった日より走った日の方が気持ちが前向きとなり、行動的になれて、とても充実した一日を過ごすことができるのです。それにはランナーズハイという言葉も
>> 続きを読む

親を思う
お疲れ様です。会員の小松是雄です。ブログを書くのもこれで最後になります。まわってくると何を書こうかと色々考えたり億劫に感じることもありましたが、最後となると不思議とさみしいものでございます。さて、この度日蓮宗総本山がある身延町に行って参りました。毎年七面山に登っていたのですが、諸々の都合もあり今年は日帰りで思親閣にお参りさせて頂くことになりました。この思親閣は身延山の山頂にあり、日蓮大聖人は身延在山の9年間、身延山の山頂にしばしば登られては御両親の追善を祈った場所であると言われております。この会
>> 続きを読む

ちょっとしたきっかけ
はじめまして。北青会員の梅木我聞でございます。私は現在、市川市本行徳にございます妙覚寺住職の徒弟であるとともに、今は立正大学仏教学部4年生として在籍しております。 私の住んでいる行徳の地区は、古くから“寺町”とも呼ばれ、多くの寺院が立ち並んでおります。寺町では毎年、“回遊展”という催しがあります。回遊展では、座禅体験や写経体験といったようなものから、フリーマーケットやダンスエクササイズなど、直接お寺とはあまり関係のないような様々なイベントも開かれ、地域のみなさんとともに、お寺を使って、盛り上がっ
>> 続きを読む

記念日
皆さま初めまして。本年度より青年会会員として活動させていただいております、大給秀樹と申します。いきなりではありますが、先日は11月11日でしたね。この日はなんと30を超える記念日がある日なのです。(ポッキー&プリッツの日、チンアナゴの日 等々)そんな11月11日、この日は我々日蓮宗の僧侶にとっても重要な日でもあります。この日は1264年、日蓮聖人の四大法難が一つ、弟子を失い、聖人も額に傷を負った『小松原法難』が起こった日なのです。この時、傷を負った額にかけたのが「綿帽子」と呼ばれるもので、現在も
>> 続きを読む

挨拶
私は今現在市川市真間にございます、弘法寺というお寺にお勤めしております、藤井大基でございます。私は平成28年の4月に弘法寺に随身としてお給仕させて頂く事となり、はやいものでもう3年目でございます。真間の弘法寺はとても境内が広く、また自然も大変多いです。今の季節ですと、落ち葉が来る日も来る日も落ち掃き掃除が大変です。外で掃除をしていると、「こんにちは」「ご苦労様です」とお参りの方々が挨拶を致します。私も笑顔で「お参りご苦労様でした」とご挨拶いたします。人として挨拶をするということは、当たり前の事で
>> 続きを読む

気づかない変化
私事ではございますが、今年の7月から平賀の本土寺で随身をさせて頂いております、北青会員 佐藤隆音でございます。つい先日自坊に帰省した際、母や信者の方から「前より全然雰囲気変わりましたね」「お坊さんらしくなってきたね」とお褒めの言葉を頂戴致しました。私自身では自分がどのように変わっているのか?というより、まずそのことに関して考えてもいなかったので、これまでやってきたことや今本山でやっていることはちゃんと身になっているんだということを心から実感しました。『品格』とは敬いの心から生まれます。「(他人を
>> 続きを読む

日々過ごす中で
青年会員の竹内諒宇です。最近になって暑い日々も終わり秋が訪れたなと感じます。私事になりますが、この時期になると夏の信行道場が終わり、俗世に戻ってきた日のことを思い出します。信行道場:日蓮宗僧侶になるための最後の試験、教育信行道場で修行を行っている時は、帰ったらこれを勉強しよう、あれもやっておこうと思いながら、信行道場を終えていざ俗世に戻ってみると、他のことに気を取られてなかなか実行できなかったことも多かったです。お釈迦様の教えで六波羅蜜がありますが、①布施:世のため人のため尽くすこと②持戒:仏様
>> 続きを読む

納骨にて
皆さん今日は千葉県北部青年会会計の大給宏樹です。先日、自坊の永代供養墓に申し込まれた女性がおりました。(仮にAさんといたします)納骨前に供養をして欲しいとの事で私達兄弟二人でお経を上げさせて頂きました。その後、納骨となりましたがAさんが泣いているのに気が付きました。初めはご主人とのお別れが悲しくて涙が溢れてきたのかと思いました。しかし、よくよく話を伺うと私達の読経を聞いて「これで主人も成仏出来る」と喜びの涙を流していたのです。私達はいつも心を込めたお経を上げているつもりでしたが、感動して泣いて下
>> 続きを読む

人の振り見て我が振り直せ
皆さんこんにちは北青会事務局の藤田慈弘ですいきなりですが、私は子供の頃からことわざが好きです。人見知りだった私は昔漫画でわかることわざの本を読んでました。そして、親戚に知ってることわざを自慢気に披露して誉めてもらうのがとても嬉しかったのです。たまにひかれていましたが・・・そんな私が子供の頃から好きなことわざは「人の振り見て我が振り直せ」です。意味は他人の行動を見て良いところは真似して、悪いところは直しなさいという意味です。どんな人にも良いところと悪いところはあります。ですが、悪いところばかり見て
>> 続きを読む