北青会の公式サイトにようこそ

本会は千葉県北部に在籍する日蓮宗の若手僧侶から成り、日蓮大聖人の理想を実現することを目的として昭和43年に発足致しました。

現代において日蓮宗の青年僧侶は何ができるのか、何をすべきかを日々考え、若さと行動力を活かし様々な活動を展開しております。

 


平成30年 少年少女修養道場のご案内

平成30年7月23・24日

夏休み少年少女修養道場を開催致します。

 

本年のお申込みは6月からになります。



平成29年 歳末募金

平成29年11月21日、紅葉で彩られた本土寺の境内は、多くの参拝者で賑わっていました。

本土寺は「あじさい寺」という通称でも有名な、松戸市平賀にある日蓮宗本山です。

本年度は、こちらで募金活動を行いました。

 

募金の趣旨は「交通遺児援護のための募金」で、交通遺児とは、交通事故によって親を亡くされた児童の事です。

両親を亡くされた場合はもとより、その多くは父親を亡くされています。

交通事故の中でも、もっとも多い、道路交通事故。実際のところ、加害者による補償では補えず、生活保護を受けている母子家庭もあります。

今日、十分な公的施策が調わず、民間の救済運動に依存しているのが現状です。

 

この募金活動は、我々、千葉県北部青年会に何か出来ることはないか?との想いから、平成5年以来24年に渡り継続されてきた大切な活動です。

今回は、日蓮宗新聞社のキャラクター「こぞうくん」をはじめとする、マスコットたち(市川本光寺:ぽっくん、浦安正福寺:お猿のしょうちゃん、東京東部青年会:れんちゃん)と、募金のご協力をお願いしました。

 

「寒い中ご苦労様です。頑張って下さい」という言葉とともに、募金をして下さる方、可愛らしいマスコットと一緒に手を合わせてくれる小さな子。

 

多数の方から協力を得て、募金合計は109,882円となりました。

集められた募金は全額、千葉県社会福祉協議会に委託させていただきました。

こちらは、交通遺児援護基金となり、「勉学奨励金」や「激励金」として、子供たちの元へ届けられます。

 

募金にご協力いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます



平成28年 歳末募金

平成28年12月13日、日蓮宗大本山中山法華経寺境内・JR下総中山駅前ロータリーをお借りし、歳末助け合い運動の一環として、「交通遺児援護基金の募金活動」を行いました。

 

冬空の下、玄題旗(南無妙法蓮華経と書かれた旗)を掲げ、募金の呼びかけをすると、「寒い中ご苦労様です」と温かい言葉と共に募金をして下さる方もいました。多数の方からご協力を得て、募金合計は7万6千50円となりました。集められた募金は全額、千葉県社会福祉協議会を通じて交通遺児援護基金(御見舞金や勉学奨励金)となり子供たちの元へ届けられます。

 

募金にご協力頂きました皆さまには、心より御礼申し上げます。



平成28年熊本地震による被害にあわれた皆さまへ

この度発生した熊本地震によって被災されましたすべての方々に、心からお見舞い申し上げます。

また、尊いいのちをなくされました方々のご冥福をお祈りするとともに、深い悲しみにあるご家族や関係者の皆さまに衷心よりお悔やみ申し上げます。

被災者の皆さまには、一日も早く穏やかなる心と生活が訪れますことをお祈り申し上げます。

 

私たちは、この被害の支援に取り組むべく、平成28年5月3日、日蓮宗大本山正中山法華経寺参道及び境内、京成中山駅前、JR下総中山駅前にて、募金活動を行いました。

また、GW期間中は法華経寺祖師堂に募金箱を設置し、集まった金額は合計21万8127円となりました。

 

義援金は全額、「日本赤十字社」に寄付させて頂きました。

 

募金にご協力頂きました皆さまには、心より御礼申し上げます。


北青会の会長とゆかいな仲間のブログ 

御降誕800年全国一斉行脚
こんにちは。北青会員の金森学道です。先日、平成33年(2021年)の日蓮聖人御降誕800年に向けて全国の青年会で行脚総距離800キロを目指すという企画で、我々千葉県北部青年会も行脚を致しました。日蓮宗の行脚は「唱題行脚」と呼ばれ、うちわ太鼓を叩きながらお題目「南無妙法蓮華経」をお唱えし、歩く修行です。当日は30℃近い気温の中、渡辺知応会長の御自坊である松戸の慶国寺様から市川の大本山中山法華経寺様までの約8キロの道程を、汗だくになりながらも大声でお題目を唱えながら皆で歩きました。元々、北青会を創始
>> 続きを読む

なぜ掃除するのか??
こんにちは。千葉県北部青年会の石川文勝です。春を通り越して、夏が来たような気候で、夏物の衣類を押入から出そうとするも、整理整頓下手な私は一苦労。日頃から掃除、整理していればと反省しております。 さて、仏教でも掃除は大切な行いのひとつです。我々日蓮宗の開祖 日蓮大聖人は『一生成仏鈔』という遺された御文書の中で次のように述べられています。「一念無明の迷う心は磨かざる鏡なり。是を磨かば必ず法性真如の明鏡と成るべし。深く信心を発して、日夜朝暮に又懈らず磨くべし。」と説かれております。古文が苦手な方ご安心
>> 続きを読む

おもてなしの心
こんにちは、会員の山本海祐です(^^ゞGWを迎え、皆さんいかがお過ごしですか。暦の上ではもうすぐ「立夏」となり、お出かけにも最適で爽やかな季節ですね。私もどこかへ旅に出たい気分です(*^-^*)最近では日本を訪れる外国の方が大変多くなったというニュースをよく目にしますが、先日私のお寺にもご法事で外国の方がいらっしゃいました。その方はご法事などに出席するのが初めてと聞き、私も少し緊張しながらお焼香のやり方を身振り手振りで説明。見よう見まねでやって頂けましたが、本当はお焼香の意味などをもっと上手く説
>> 続きを読む

言葉の乱れ
会員 高鹿泰明です。気温の上下が激しくいつもに増してボーっとしています。。青年会員とは言うもののアラフォーに足突っ込み出しているのでしっかりせねばなりませんね。『なんなき事を言ひて、「その事させんとす」と、「言わんとす」「何とせんとす」と言ふを、「と」文字を失ひて、ただ「言はんずる」「里へ出でんずる」など言へば、やがていとわろし。』枕草子に「と」抜き言葉についての嘆きのような一文があるそうです。今で言うところの「ら」抜き言葉ですね。清少納言の時代から若者の言葉の乱れというものがあったようです。三
>> 続きを読む


過ごしやすい季節ですね。皆さまいかがお過ごしでしょうか?青年会員の和田孝真です。春は卒業、入学のシーズンであり、うちの長男も早いもので今年から小学校へ入学となりました。これからの6年間でたくさんのことを学び成長してほしいと思います。さて、大人になりますと人からものを教わるという事も少なくなってきますが、私は声明師を目指すべく、毎月行われている月例勉強会や声明講習会には積極的に参加し、日蓮宗声明についてを学ばさせていただいております。声明の勉強会では「日蓮宗宗定法要式」をもとに宗定法要式の理念や声
>> 続きを読む

有り難い
お疲れ様です。会員の小松是雄です。桜もほとんど散ってしまいましたが、入学式シーズンだったりして、連日フェイスブックや、ニュースで入学式の様子が多く見られました。そんな中、知り合いの妙弘寺様にて、『得度受戒式』という式に出仕させて頂きました。これは出家してお坊さんの第一歩を踏み出すいわゆるお坊さんの入学式みたいなもの聞いたところ私も師匠と一緒に本堂でお経をあげて得度式をやったという事でしたが、当の本人が全く覚えておりませんでした…寺族のみで行った事もあるのだと思いますが…妙弘寺様の『得度受戒式』で
>> 続きを読む

ぼっち
皆さんこんにちは、青年会の田中貞龍です。花粉症は大丈夫ですか?暖かくなってきて、大好きなバイクに乗りやすい時期なのに、私は花粉症の為あまり乗れていないのがとても残念です。4月に入り新年度を迎え、学校では入学式が行われていると思います。先日、私の一番下の弟が大学へ進学しました。その大学での入学式で面白い事を聞きました。新入生達は、入学後の学校生活の中で一人ぼっちにならないように、入学式が始まる以前からTwitterやFacebook等のSNSを通じて事前に友達を作っておくことで、一人ぼっちになるの
>> 続きを読む

春彼岸
こんにちは、千葉県北部青年会の大給宏樹です。最近暖かくなってきましたが皆さんはいかがお過ごしでしょうか?世間的にはどうか分かりませんが、私の自坊では近年後を見る人がいないことや、お年を召してお寺まで通うのが厳しくなってしまった等の理由から、お墓を片付けてお骨を当山の永代供養墓に納める方がだんだんと増えてきています。 それらのこともあり永代供養墓は花もあまり上がっていないので、当山では週一ではありますが花をお供えさせて頂いておりました。 ところが先週のお彼岸の際にお墓に行くと溢れてしまう位多くの花
>> 続きを読む

アオハルかよ
みなさんこんにちは。青年会事務局の藤田慈弘です。花粉がひどいですねえ・・・すごく不愉快な毎日です。が、植物も子孫を残そうと必死なんでしょう。我々は我慢するしかないです。春といえば出会いと別れの季節ですね。出会って別れを繰り返す、これが人間です。若い人にとっては青春ともいうのでしょうか。さて、若人の皆さん・・・青春してるかーー!?・・・はい、すいません。私は青春が好きです。誰かに恋い焦がれたり、部活に全力を注いだりと青春の形は人それぞれです。青春時代がなかったなんて人はいないのではないでしょうか。
>> 続きを読む

PR: もし、家族や自分が認知症になったら?-政府広報
予防法は?発症したら治らない?家族ができることとは?認知症のキホンをご紹介
Ads by Trend Match
>> 続きを読む

今月の聖語で感じたこと
青年会員の渡邉義恭です。 みなさんは「今月の聖語」というものをご存知でしょうか?日蓮宗が毎月、日蓮聖人のお言葉の中から一節をピックアップして皆様にご紹介をしているのですが、本日はその中から3月の聖語に選ばれたお言葉をご紹介いたします。 「仏教をならはん者の父母師匠国恩を忘るべしや」日蓮聖人御遺文 「報恩抄」 このお言葉は日蓮聖人の「報恩抄」という御遺文の中に記されているのですが、聖人が師匠である道善房の訃報に際し兄弟子である浄顕房、義浄房にあてられたお手紙です。報恩抄は「知恩報恩」について述べら
>> 続きを読む