北青会の公式サイトにようこそ

本会は千葉県北部に在籍する日蓮宗の若手僧侶から成り、日蓮大聖人の理想を実現することを目的として昭和43年に発足致しました。

現代において日蓮宗の青年僧侶は何ができるのか、何をすべきかを日々考え、若さと行動力を活かし様々な活動を展開しております。

 


平成30年 少年少女修養道場のご案内

平成30年7月23・24日

夏休み少年少女修養道場を開催致します。

 

本年のお申込みは6月からになります。



平成29年 歳末募金

平成29年11月21日、紅葉で彩られた本土寺の境内は、多くの参拝者で賑わっていました。

本土寺は「あじさい寺」という通称でも有名な、松戸市平賀にある日蓮宗本山です。

本年度は、こちらで募金活動を行いました。

 

募金の趣旨は「交通遺児援護のための募金」で、交通遺児とは、交通事故によって親を亡くされた児童の事です。

両親を亡くされた場合はもとより、その多くは父親を亡くされています。

交通事故の中でも、もっとも多い、道路交通事故。実際のところ、加害者による補償では補えず、生活保護を受けている母子家庭もあります。

今日、十分な公的施策が調わず、民間の救済運動に依存しているのが現状です。

 

この募金活動は、我々、千葉県北部青年会に何か出来ることはないか?との想いから、平成5年以来24年に渡り継続されてきた大切な活動です。

今回は、日蓮宗新聞社のキャラクター「こぞうくん」をはじめとする、マスコットたち(市川本光寺:ぽっくん、浦安正福寺:お猿のしょうちゃん、東京東部青年会:れんちゃん)と、募金のご協力をお願いしました。

 

「寒い中ご苦労様です。頑張って下さい」という言葉とともに、募金をして下さる方、可愛らしいマスコットと一緒に手を合わせてくれる小さな子。

 

多数の方から協力を得て、募金合計は109,882円となりました。

集められた募金は全額、千葉県社会福祉協議会に委託させていただきました。

こちらは、交通遺児援護基金となり、「勉学奨励金」や「激励金」として、子供たちの元へ届けられます。

 

募金にご協力いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます



平成28年 歳末募金

平成28年12月13日、日蓮宗大本山中山法華経寺境内・JR下総中山駅前ロータリーをお借りし、歳末助け合い運動の一環として、「交通遺児援護基金の募金活動」を行いました。

 

冬空の下、玄題旗(南無妙法蓮華経と書かれた旗)を掲げ、募金の呼びかけをすると、「寒い中ご苦労様です」と温かい言葉と共に募金をして下さる方もいました。多数の方からご協力を得て、募金合計は7万6千50円となりました。集められた募金は全額、千葉県社会福祉協議会を通じて交通遺児援護基金(御見舞金や勉学奨励金)となり子供たちの元へ届けられます。

 

募金にご協力頂きました皆さまには、心より御礼申し上げます。



平成28年熊本地震による被害にあわれた皆さまへ

この度発生した熊本地震によって被災されましたすべての方々に、心からお見舞い申し上げます。

また、尊いいのちをなくされました方々のご冥福をお祈りするとともに、深い悲しみにあるご家族や関係者の皆さまに衷心よりお悔やみ申し上げます。

被災者の皆さまには、一日も早く穏やかなる心と生活が訪れますことをお祈り申し上げます。

 

私たちは、この被害の支援に取り組むべく、平成28年5月3日、日蓮宗大本山正中山法華経寺参道及び境内、京成中山駅前、JR下総中山駅前にて、募金活動を行いました。

また、GW期間中は法華経寺祖師堂に募金箱を設置し、集まった金額は合計21万8127円となりました。

 

義援金は全額、「日本赤十字社」に寄付させて頂きました。

 

募金にご協力頂きました皆さまには、心より御礼申し上げます。


北青会の会長とゆかいな仲間のブログ 

幸せになれる子
明けましておめでとうございます。2月4日の立春を迎え暦の上でも平成31年”己亥八白土星”の新年を迎えました。副会長の岩田です。平成31年の干支は先程書いた通り”己亥”です。同じ干支の”己亥”が前回、遡って巡って来たのが60年前の1959年・昭和34年です。この度平成天皇がご退位されますが、当時の皇太子殿下(平成天皇)と美智子妃殿下がご成婚なされたのが、同じ干支の”己亥”の年です。暦もちょうど還暦しました。テレビを見ていますと若かりし頃の美智子妃殿下のお姿を拝見する機会があります。美智子妃殿下が子
>> 続きを読む

さよなら
今年もよろしくお願いします、青年会員飯塚正樹です。一昨年は横綱になったばかりの稀勢の里の奉納土俵入りを、明治神宮へ観にいきました。その横綱が今年の初場所で引退してしまいました。まだ「稀勢の里」という四股名がつく前からずっと応援してました(本名がうちの叔父さんと同姓同名というのがきっかけです)。先場所おわりで事実上の引退勧告を受け、今場所は進退をかけた場所だったわけですが、まわしも初入幕のときのいろにして、初心で挑んでいる事に気付いて、テレビの前でひとりで涙ぐんでました。今後は「荒磯親方」と名前を
>> 続きを読む

節分の季節に思うこと
皆さまこんにちは、青年会員の渡邉恭啓でございます。この季節になりますと、コンビニやスーパー、百貨店などでは「恵方巻予約受付」などの広告やチラシを拝見します。そうです。節分の季節でございます。歳徳神さまの座される方角に向かって恵方巻と言われる太巻きを食べたり、その方角の神社仏閣にお参りする恵方参りなど、年中安泰や無病息災、運気向上など幸せを願い、なされる方も多いのではないでしょうか。それぞれの所願を望み恵方巻や恵方参り、厄除け祈願などをされることは大変有意義なことだと私自身も思うのですが、その時だ
>> 続きを読む

子は親の鏡
早いもので今年も始まってから1ヶ月が過ぎようとしております。皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。会員の渡邉 義道です。私は間もなく3歳を迎える息子の成長に日々驚嘆しております。息子もいろいろな言葉を使うようになって来たなと思い、どのような言葉を使っているのかよく聞いておりますと、親の言葉をよくよく真似していることがわかります。良い言葉も、悪い言葉も息子にはわからない為、お手本になる親の言葉を聞き真似をする。つまりは親である私自身が話しているのと変わらないことに気づかされました。「他人
>> 続きを読む

あなたは『あの世』が何処にあるか知っていますか?
こんにちは。北青会 会長の渡辺知応です。さて、あなたは『あの世』や『向こうの世界』が何処にあるか知っていますか?はたまた、人は亡くなった後に何処へ行くか知っていますか?この疑問について正確な回答が出来る方はまずいないでしょう。『あの世』や『向こうの世界』は日本国内外を問わず、永遠の謎であります。なので、今回は日本人の他界観(たかいかん:『この世』とは異なる世界の存在)を少しお話ししたいと思います。まず、日本には様々な他界観が存在します。一番身近な考え方が山中他界観(さんちゅうたかいかん)です。こ
>> 続きを読む

漫画と本
こんにちは、会員の北原文照です。一月もこの時期になりますといつもとあまり変わりませんね。私のお寺ではお正月に何か特別な行事はしていませんので、今年も比較的のんびりと過ごすことができました。あまり何もしないのもどうかと思いますので、普段は漫画ばかり読んでいますが、ちゃんとした本を読もうと思い何冊か本を読みました。『ブッダのことば』『ブッダの真理のことば感興のことば』『超越と実存』『仏教論争』…という本を頑張って読みました。内容は理解できない部分も沢山ありましたが、まあ読まないよりは読んだ方が良いか
>> 続きを読む

亥年
タイトル『亥年』皆様、新年あけましておめでとうございます。青年会の金森です。最近何かと話題になっているフレーズといえば『平成最後の〜』その平成最後の干支は『亥』(猪=イノシシ)です。皆様ご存知の通り、猪は十二支の中でも一番最後の干支であります。なんでも神様が十二支を決めるにあたり色々な動物にレースをさせ、ゴールした順番で干支を決めたそうなのですが、実は一番最初にゴールしたのは猪だったそうなのです!しかし真っ直ぐしか走ることが出来ない性分なのでゴールを通り過ぎてしまい、戻ってきた頃には他の動物に遅
>> 続きを読む

ダライ・ラマ
こんにちは。今回のブログを担当する石川文勝と申します。先日ダライ・ラマ14世のドキュメンタリー映画を見ました。ダライ・ラマとは、チベット仏教の僧侶でチベット自治区の最高権力者です。観音様の生まれ変わりといわれチベット国民からとても尊敬されています。1950年代に始まった中国によるチベット侵攻の際、沢山の人たちが怪我を負い、命を落としました。自分がチベットにいたら、さらに犠牲者が増えるとダライ・ラマは考え、インドに亡命されました。そのあとを追い10万人のチベット人が亡命しましたが、その際に親を亡く
>> 続きを読む

50回忌で思うこと
こんにちは、青年会員の山本海祐です(^^ゞ本年も残すところあと僅かになり、日々寒さも厳しくなりますが皆さまお元気でお過ごしでしょうか。つい先日、私は母方の曾祖母の50回忌の法要に参列してきました。一般的に年忌最後の弔い上げとすることが多いこの50回忌や33回忌の法要ですが、50回忌ほどにもなると法要に参列する方も故人と面識のない方や全く知らない方も多くなり、なかなか法要に参列することの意義を見いだせないものです。私自身も最初は曾祖母の法要にあたり、あまり実感が持てないのが本音でした。当日になり無
>> 続きを読む


会員の高鹿泰明です。早いものでもう2週間で今年も終わりですね。今年の流行語だったり、今年の漢字だったりがもう発表された頃でしょうか?個人的な今年の漢字は「変」かなあと思います。公的には本山にお手伝いに行く機会が増え、様々な法要に出仕せていただき、勉強になりました。私的には10年近くぶりにパソコンを買い換え文明の進化に驚愕し、高校生の頃から大好きだったアーティストを初めて見に行く事ができ、涙が止まらないオジサンになったり、他にも沢山の刺激を貰いました。この青年会もラストイヤーでありました。他の会員
>> 続きを読む